ヒゲ脱毛のデメリットについて

ヒゲ脱毛には副作用もある

脱毛という行為は、そもそも人間が身体を防御するために生やしている体毛を、生えて来ないように、細胞を壊する行為になります。。

そのため、脱毛には、副作用などのリスクがともないます。

 

ヒゲ脱毛においても、肌トラブルなどが起こりうることも考えられるのです。

 

では具体的にどのようなトラブルが起きるのか、実際に具体例を挙げて、そのリスクについて取り上げたいと思います。

火傷・炎症

美容電気脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、どの脱毛方法であっても、一時的な肌の炎症がほとんどの場合見られます。

 

これは、火傷をしているために起こる反応です。体質によって、反応の度合いが違いますので、少し赤くなるだけの人もいれば、膨れて腫れぼったくなる人もいます。

 

ヒリヒリとした痛みを感じることも結構あります。
たいていの場合、翌日、多少赤みが残っても数日でもとに戻るので問題はありません。

 

ただし、ひどいやけどで後が残ってしまうようなリスクも全くないわけではありません。

 

脱毛の効果を高めるには、出力を高めなければなりませんが、高めればそれだけ火傷のリスクが高くなります。

 

ですから、脱毛器の出力の調整はとても重要で、実績や症例数が少ないところではリスクが高まるので、経験豊富なクリニックやサロンでヒゲ脱毛すべきなのです。

毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛は少なからず肌へダメージを与える行為になります。ダメージを受けた肌は、本来持っている防御機能が弱まってしまいます。

 

その弱まっている時には、当然細菌が侵入しやすくなります。
皮膚のもともとある細菌のバランスも崩れます。

 

そんな時に起きやすいのが、毛嚢炎です。
これは、毛穴の奥で毛根を包んでいるところにブドウ球菌が感染しておきます。

 

小さいプツプツができて、見た目はニキビの用にもみえますが、ニキビの薬は効きません。

 

自然に治る場合もありますが、酷くなると化膿してしまうこともありので、早目の治療が必要です。
治療には医師による診断が必要です。
(メンズリゼクリニックでは、このような脱毛時のトラブルの治療も無料保証しています。)

毛が増える

脱毛したのに、毛が増えたり、濃く(太く)なってしまったりする、逆の現象が起きることがあります。

 

薄毛の場合の治療に弱いレーザーを当てるという方法もあるように、脱毛でなく毛を増やす効果も光にはあるようです。

 

その原因はよくわかっていないそうですが、毛が生えるというのは、防御するための様ですから、刺激を与えられたことによって、眠っていた毛根が呼びさまされるのかもしれませんね。

 

増毛化・硬毛化という言葉を使うようですが、起きやすいのは、うなじ・背中・二の腕・肩付近など、もともと毛があまりなかったり、細かったりする部位です。

 

ですからも、ヒゲ脱毛の場合はあまり心配しなくてもいいかと思います。

 

原因が分かっていないので、治療方法もはっきりしたものはないようですが、更に脱毛の施術を繰り返し行うことで、脱毛できるようです。

 
目的別ヒゲ脱毛 体質別ヒゲ脱毛 胸毛脱毛 クーリングオフ 体験レポート