うざいヒゲの間違った対処法

ヒゲを無くしてすっきりさせる一番の方法は脱毛しかないのだが、ヒゲ脱毛を面倒がって、もしくは、数万円をケチって、独自の対処をしている人はいまだにまだ多いのだ。

 

その一つの方法として、強引に毛抜きで抜いているという人がいる。

 

たしかに、抜いてしまえば、剃るよりは、生えてくるまでに時間がかかるから、一時的には減らせる。

 

しかし、一度に何千本なんてヒゲを毛抜きで抜けるわけはないから、せいぜい、数十本が限界でしょう。

 

その程度抜いたところで、ヒゲが薄くなるわけでもないので、結局痛いだけで、見た目の効果すらありません。

 

そんな痛みら耐えられるぐらいならば、美容電気脱毛(ニードル)でヒゲ脱毛してもらった方がはるかにましです。

 

美容電気脱毛で抜けば、毛母細胞から破壊されて、その毛穴からヒゲが生えてこなくなりますから痛みに耐えるだけの価値はあります。

 

しかし、毛抜きで抜いたところで、二度と生えなくなるわけではなく、また生えてきますから、痛みに耐えた価値もあまりないのです。

 

脱毛テープや脱毛クリームもダメです

 

中には、体毛を抜く、脱毛テープを試してみた人や・・・脱毛クリームを試してみたという人も存在する。

 

ヒゲは、体毛の中でもかなり強固な毛です。

 

脱毛テープでごっそり抜けるような手足のムダ毛とは違い、大した効果はありません。

 

脱毛クリームも顔に使えるような安全なものは無く、また強固なヒゲを抜くだけのパワーもありません。

 

したがって、試した見た人全員が失敗しているはずです。

 

逆に、肌荒れしてしまって、よけに鬱陶しい状態になって、やらなければならなかったと後悔している人がほとんどです。

 

埋没毛になってしまう人もいる

このように強引な処理をしていた人は、毛先が皮膚の中にめり込んで、肌表面に出てこなくなってしまう埋没毛になってしまう人がいます。

 

肌の表面に出てこないわけですから、剃ることさえできなくなります。

 

もうそうなったら、汚らしい、ヒゲを解消するには、美容皮膚科にいって、ヒゲをほじくりだしてもらうしかありません。

 

自分で針などでやって、余計肌を痛めてしまう人もいるようなので、そんな馬鹿なことはしないようにしましょう。

 

毛嚢炎になってしまう人も

無理やり脱毛した毛穴に細菌が入り繁殖して、ニキビのようなできものがでてきます。

 

ニキビより白っぽい頭部になるので、それとわかるはずです。

 

自然と治りますが、無理な脱毛を続けていれば、肌のバリア機能が損なわれ、どんどん悪化して、最後には、皮膚科に行って治療しなければならないような状態になるでしょう。

 

結局、髭がうざいからといって、強引な対処をしていれば、さらにいっそううざっさたい状態になってしまうということです。

 

結局ヒゲ脱毛がベスト

ヒゲのうざさに閉口している人は、結局は、ヒゲ脱毛が一番の解決方法だと気づきます。

 

初めから、ヒゲ脱毛に挑戦していた方が、ずっとましだったと後悔することになるはずです。

 

髭に悩まされている人ほど、遠回りせずに今すぐ、髭を脱毛することを考えましょう。

 

まだ高校生だから無理とか、行く時間や費用が無い人は、ヒゲ脱毛できるまで、余計なことはせずに、肌を傷めないようなシェービングでしのぎましょう。

 

抜いてしまった毛は、また生えてくるまで、脱毛すらできなくなってしまうので、脱毛したい人は、ヒゲ脱毛ができるようになるまで、辛抱することが何よりもよいうざい髭の対策になるのです。

 

それまでに、費用をためたり、どこで脱毛するか検討したりするようにして、ヒゲ脱毛できるその日を楽しみに頑張りましょう。

ヒゲがうざいからって抜いたらダメ関連ページ

ヒゲ脱毛はとても痛いって本当?
脱毛が人気になるなか痛みも軽減されるようになりましたが、それでもヒゲ脱毛はとても痛いです。
目的別ヒゲ脱毛
どんなひげの状態にしたいのか、目的をはっきりさせることで髭脱毛の方法やサロンの選び方が変わります。まずはどんなひげの状態の顔にしたいのか考えてください。
ヒゲ脱毛にかかる期間はどれぐらい?
ヒゲは、体毛より生えて来る周期が短いので、間隔を短くして脱毛します、そのため1年で脱毛できるる回数は、体毛よりも多くなのます。ただし、体毛よりもしつこい毛なので完了するまでには2年ぐらいかかるとみていいでしょう。
ヒゲ脱毛にかかる料金を比較してみた
ヒゲ脱毛の方法や、ヒゲの濃さ別に、タツモウィメンズクリンックにかかるおおよその費用を出して比較してみました。
レーザー脱毛|脱毛機の種類と特徴
色々なレーザー脱毛機の種類と脱効果の違いに直黙してみました。産毛の脱毛に効果的な脱毛機、密集した濃い毛の脱毛に効果の高い脱毛機などマシーンによって実は異なるのです。
体質別ヒゲ脱毛の注意点
体質によってはひげ脱毛の方法を慎重に考えなければなりません。肌の色が大きく脱毛効果に左右される場合があるのです。
ヒゲ脱毛のリスク|肌トラブルが起きることがある
ひげ脱毛では肌トラブルも起きることがあります。火傷や肌荒れ、逆に毛が濃くなってしまう、増えてしまうこともあるというリスクがあります。
クーリングオフ|脱毛契約の途中解約はできるの?
ひげ脱毛の契約をしたけれどやっぱり解約したいそんな時はどうすればいいのか?クーリングオフと途中解約についてまとめています。
低料金でヒゲ脱毛するならキャンペーンを狙え
料金が気になってひげ脱毛が始められない人は、キャンペーンを調べてみよう。体験的に安く脱毛できたり、50%OFF以上で脱毛できたりするキャンペーンがあります。
ヒゲ脱毛ってどんなことするのか聞いてみた
ヒゲ脱毛もそうだけれど、脱毛ってこと自体に男性はあまり知識がありませんね。いったいどんな事が行われるのか、疑問や不安があるかもしれません。ということで脱毛に詳しい女性に聞いてみました。
学生でもヒゲ脱毛できるの?
ヒゲで悩んでいる人は、社会人だけではありませんね。ヒゲの濃い人はすでに高校生ぐらいから気になってくるはず。学生やフリーターなどあまりお金が無い人がヒゲ脱毛をすることができるのかまとめました。
ヒゲは悪臭の原因|ヒゲ脱毛で解消可能
顔を近づけたときの臭いは口臭だけではありません。ヒゲもかなりの悪臭の原因となっているのです。高周波気にしていてもヒゲの臭いを気にしていない人が結構いるので、注意してほしいです。