名古屋でのヒゲ脱毛サロンと脱毛方ほの選び方

ヒゲ脱毛の目的をはっきりさせよう

髭をどんな状態にしたいのか、まず最終の目標をはっきりさせましょう。その目的次第で、脱毛方法の選び方が変わりますし、当然その脱毛方法をやっている脱毛サロンや、エステから選択する 事になりますから、重要なことなのです。

毎日のヒゲ剃りをもう少し楽にしたい

ヒゲが広範囲にわたってびっしり生えるので、毎日の髭剃りが大変で、夕方にももう一度剃らなければならないので、少し減らして髭剃りを時間や回数を減らせればいいという方は、絶対光脱毛がお勧めです。おそらく4〜5回照射すれば、だいぶ減ってくると思います。痛みも少ないし料金も安いので気軽に通えます。お勧めはSCC脱毛(光脱毛)のメンズ脱毛ラボです。

青ヒゲを改善する(薄くする)

青髭の場合は髭の密集度を低下させれば、青く見えなくなるので、ニードル脱毛(電気針)でヒゲを間引くか、光脱毛やレーザー脱毛でやはり5回程度照射すればかなり改善されると思います。この場合はどの脱毛方法でも問題ないでしょう。ただし、髭の本数が多いほどニードルは時間がかかり、料金も増えますので、お財布との相談、また痛みに耐えられるかでの選択となるでしょう。

ヒゲカッコよく生やしたい

ヒゲの生える部分を限定してクールなヒゲにしたいという場合、髭デザインが特に優れているニードル脱毛がいいでしょう。おすすめはダンディハウスです。ただし、光脱毛やレーザー脱毛でも、生える部分を脱毛することはできますので、髭デザイン脱毛ができないわけではありません。面での照射になるのでこちらの方が早くて痛みが少ないので、直線だけの処理でできるデザインであればニードルよりいい場合があります。きれいにカーブを描くような、1本ずつの処理でないと難しいデザインであれば、ニードル脱毛を利用すべきでしょう。

ヒゲを完全に無くしてツルツルにしたい

最近は、全く髭の無いつるつるな肌を好む女性も増えてきて、男性もヒゲの全くない、ツルツルなきれいな肌にしたいという人も増えています。髭が全くない状態まで持って行くにはとても時間と費用がかかるので、単独の方法では効率が悪いと思います。いきなりヒゲの濃い状態からニードルで1本ずつ処理していくのは、痛みも辛いですし、料金も100万円近く、いえそれ以上になってしまう間場合もありますので、そうそう誰でもできるものではないと思います。

まずは、光脱毛が一番安くて、施術時間も短いので、光脱毛で10回以上照射するといいでしょう。光脱毛は黒々としているほど効果が出やすいので、産毛までは持って行けるでしょう。
1年位やって、それで残った場合、もしまだ黒く太い毛が残っているは場合は毛10回照射すればいいと思います。産毛が増え、本数も少ないならば、残りはニードル脱毛で処理すると早いでしょう。
効果の出方やヒゲの室によって多少違いはありますが、光とニードルを併用することで効率的な脱毛ができると思います。

目的別ヒゲ脱毛関連ページ

クーリングオフ
ひげ脱毛の契約をしたけれどやっぱり解約したいそんな時はどうすればいいのか?クーリングオフと途中解約についてまとめています。
体質別ヒゲ脱毛
体質によってはひげ脱毛の方法を慎重に考えなければなりません。肌の色が大きく脱毛効果に左右される場合があるのです。
低料金でヒゲ脱毛するならキャンペーンを狙え
料金が気になってひげ脱毛が始められない人は、キャンペーンを調べてみよう。体験的に安く脱毛できたり、50%OFF以上で脱毛できたりするキャンペーンがあります。
ヒゲ脱毛にかかる期間はどれぐらい?
ヒゲは、体毛より生えて来る周期が短いので、間隔を短くして脱毛します、そのため1年で脱毛できるる回数は、体毛よりも多くなのます。ただし、体毛よりもしつこい毛なので完了するまでには2年ぐらいかかるとみていいでしょう。
ヒゲ脱毛ってどんなことするのか聞いてみた
ヒゲ脱毛もそうだけれど、脱毛ってこと自体に男性はあまり知識がありませんね。いったいどんな事が行われるのか、疑問や不安があるかもしれません。ということで脱毛に詳しい女性に聞いてみました。
 
目的別ヒゲ脱毛 体質別ヒゲ脱毛 胸毛脱毛 クーリングオフ 体験レポート