ヒゲ脱毛のクーリングオフ

契約した時は冷静でない場合が結構あるもので、家に帰ってみたら、「ちょっとこれでは高額すぎて払うのが大変」などと気づく場合もあります。

 

また、別のコースが良かったとか、いろいろ考えることもあるでしょう。

 

何十万円もの料金でローン契約もしてしまった場合など、どうしたらいいのか不安になる事もあると思います。

 

そこで、ヒゲ脱毛の契約の解除についても知っておいて損はないでしょう。

 

まずクーリングオフの対象となるのは、5万円以上の契約で、有効期間 1ヶ月を越えるものという規定があります。

 

脱毛の場合、1ヶ月以内で完了はありませんから、たいていの場合対象になります。

 

ただし注意しなければならないのは、このクーリングオフが適用されるのはエステサロンなどだけで、医療機関の脱毛契約はクーリングオフできません。

 

8日間以内ならクーリングオフできる

クーリングオフできる期間は定められていて、契約書を受取ってから8日以内となります。

 

書面で通知することになっていますので、郵送の場合は8日目当日の消印まで有効となります。

 

クーリングオフには契約の解除の理由は一切必要ありませんから、消費者は一方的に契約解除をでき、すでに払っている費用などがあれば返金してもらえますし、ローン契約なども白紙に戻ります。

脱毛開始後途中解約はできるのか?

既にヒゲ脱毛の開始をしてしまっていて、何回か施術を受けてしまっている場合ではどうでしょうか?

 

また、施術をうけていないが、クーリングオフの期間を過ぎてしまっている場合はどうでしょうか?

 

これも、エステやサロンなどの場合は理由の有無に関係なく解除することができます。

 

ただし違約金として解約手数料や施術を受けた分の料金が必要になります。

まだ脱毛の施術を受けていない場合

この場合は違約金として最大2万円を支払わなければなりません。

 

最大というのはこれを超える支払いはしなくていいという事です。

 

また相手側が2万円未満の請求をすることもできますし、また請求しない事もできます。

 

脱毛サロンによっては解約手数料無料と最初から言っているところもありますので、必ずしも2万円ではありません。

 

また既に支払った料金があれば施術を受けていないので返金を求めることができます。

 

施術をすでに受けてしまっている場合

この場合は、2万円もしくは残金の10%に相当する額のいずれか低い額施術を受けた分の費用で解約することができます。

 

もしすでに支払っている費用の方が多ければ返金を求めることができます。

 

ただ少し問題なのは、「施術を受けた分の費用」という部分です。

 

例えば10回の脱毛を契約して、2回施術を受けていたら、10で割って1回分の料金を算出するのが自然だと思いますか・・・、サロンによって異なった計算方法をする場合があります

 

契約した回数に関係なく4で割るとか、1回分でも受けたいたら1回分の料金であとはサービスでやっているので残金は無しとか・・・・そんな理不尽な計算をする場合もありますので、最初の契約時に途中解約の場合の返金について確認した置きましょう。

 

返金の計算方法に注意

返金はクーリングオフの元ではしなければなりませんが、クリニックも含めて、返金の規定がある場合、計算方法をよく確認しておかないといけません。

 

キャンベーン料金で支払っていることを理由に、定価で計算した返金しかしてくれないところが多いのです。

 

たとえば、5回で5万円で受けて、2回施術を受けたら、残り3回分で3万円返金してもらえそうに感じますが・・・

 

キャンペーンで50%OFFになっているという理由で、定価は10万円だから、1回分は2万円になり、すでに2回で4万円使用していることになり、残りは1万円という計算をすることがあります。

 

つまり3回やった場合は、返金は0ということになり、解約する意味がなくなってしまいます。

 

おかしな計算方法で、そういうことは間違っているという国からのお達しは出ていますが、強制ではないので、このような計算で返金をするところはまだありますし、

 

そもそも、クーリングオフが適用されないクリニックでは、どんな計算をしようと問題ないわけです。
(まだ返金制度があるところはましとも言えますが)

 

また返金制度があるクリニックでも、回数無制限コースは、返金や途中解約はできない場合がほとんどです。

 

湘南美容外科クリニックでは、回数無制限でも、6回コースとして、受けた回数で返金してくれるようです。
(ただし変わることもありますし、院によっては違うかもしれませんので、契約時に確認しましょう。)

 

つまり契約は本当に慎重に行い、返金制度がある場合も、返金対象となる条件や計算方法はしっかり確認してから契約すべきです。

 

ポイント

最初のカウンセリングの時に解約の方法や返金の計算などを確認しておきましょう。

 

しつこく契約を迫られて断りない場合、解約の規定を質問して、そんな計算方法は納得できないと言って断る手もあり。

 

良心的なサロンは、きちんと納得いく計算方法で返金するように契約書に書かれています。

 

レーザー脱毛では途中解約や返金は基本的になしと考えておきましょう。
(解約手数料無料しているところでも、解約には厳しい条件があったりします。)

 

メンズリゼクリニックでは、理由に関係なく途中解約にOKとしています。

クーリングオフ|脱毛契約の途中解約はできるの?関連ページ

ヒゲ脱毛はとても痛いって本当?
脱毛が人気になるなか痛みも軽減されるようになりましたが、それでもヒゲ脱毛はとても痛いです。
目的別ヒゲ脱毛
どんなひげの状態にしたいのか、目的をはっきりさせることで髭脱毛の方法やサロンの選び方が変わります。まずはどんなひげの状態の顔にしたいのか考えてください。
ヒゲ脱毛にかかる期間はどれぐらい?
ヒゲは、体毛より生えて来る周期が短いので、間隔を短くして脱毛します、そのため1年で脱毛できるる回数は、体毛よりも多くなのます。ただし、体毛よりもしつこい毛なので完了するまでには2年ぐらいかかるとみていいでしょう。
ヒゲ脱毛にかかる料金を比較してみた
ヒゲ脱毛の方法や、ヒゲの濃さ別に、タツモウィメンズクリンックにかかるおおよその費用を出して比較してみました。
レーザー脱毛|脱毛機の種類と特徴
色々なレーザー脱毛機の種類と脱効果の違いに直黙してみました。産毛の脱毛に効果的な脱毛機、密集した濃い毛の脱毛に効果の高い脱毛機などマシーンによって実は異なるのです。
体質別ヒゲ脱毛の注意点
体質によってはひげ脱毛の方法を慎重に考えなければなりません。肌の色が大きく脱毛効果に左右される場合があるのです。
ヒゲ脱毛のリスク|肌トラブルが起きることがある
ひげ脱毛では肌トラブルも起きることがあります。火傷や肌荒れ、逆に毛が濃くなってしまう、増えてしまうこともあるというリスクがあります。
低料金でヒゲ脱毛するならキャンペーンを狙え
料金が気になってひげ脱毛が始められない人は、キャンペーンを調べてみよう。体験的に安く脱毛できたり、50%OFF以上で脱毛できたりするキャンペーンがあります。
ヒゲ脱毛ってどんなことするのか聞いてみた
ヒゲ脱毛もそうだけれど、脱毛ってこと自体に男性はあまり知識がありませんね。いったいどんな事が行われるのか、疑問や不安があるかもしれません。ということで脱毛に詳しい女性に聞いてみました。
学生でもヒゲ脱毛できるの?
ヒゲで悩んでいる人は、社会人だけではありませんね。ヒゲの濃い人はすでに高校生ぐらいから気になってくるはず。学生やフリーターなどあまりお金が無い人がヒゲ脱毛をすることができるのかまとめました。
ヒゲは悪臭の原因|ヒゲ脱毛で解消可能
顔を近づけたときの臭いは口臭だけではありません。ヒゲもかなりの悪臭の原因となっているのです。高周波気にしていてもヒゲの臭いを気にしていない人が結構いるので、注意してほしいです。
ヒゲがうざいからって抜いたらダメ
うっとうしい髭がいやで毛抜きで抜いているという人もいる。だが埋没毛や毛嚢炎になってましうこともあるからやめた方がいい。ヒゲ脱毛もできなくなってしまう