肌の色や体質に合わせた脱毛方法を選ぼう

脱毛は少なからず、肌に影響を与えるものです。毎日の髭剃り自体も肌を傷めていますが、脱毛は一時的に肌に大きな負担をかけることになります。髭が無くなったのはいいが肌がボロボロになったというのではヒゲ脱毛してよかったという事にはなりませんよね。

体質や肌の状態によっては、選択してはいけない(脱毛施術ができない)脱毛方法もあるので知っておかなければならないことがあります。

アトピー体質の人

これは、現在症状が出ている部位の脱毛は、悪化させるだけなので、どの脱毛方法であっても避けるべきです。症状が出ていない状態であれば、美容皮膚科のレーザー脱毛で相談するのがいいでしょう。問題点はどんな刺激で悪化させるか分からないので、脱毛できたとしても、医療処置が必要になる場合に備えるべきだからです。
今アトピー性皮膚炎症状がでていな場合、ニードルでも光だも木偶ないことは無いですが、顔に症状が出た経験のある場合は、個人的にはどちらもお勧めしません。

乾燥肌、肌荒れ

光やレーザーは基本的に熱で処理する脱毛なので、処理後はとても肌を乾燥させます。脱毛前に十分な保水と、脱毛後に十分な保水をし、自宅に帰ってからも徹底的に保水ケアをすれば大丈夫ですが、極度に肌が乾燥して荒れやすい人は、ニードル脱毛の方が肌荒れは起こしにくいでしょう。

光過敏症

もうこれは誰が考えても、光脱毛やレーザー脱毛はやってはいけない脱毛になります。日光の光で肌に湿疹ができる人がいます。夏場の強い日差して、普段日に当たらないところだけできる光過敏症の人もいますがこういう方も危険ですので、光やレーザーはやめてニードル脱毛にしたほうがいいでしょう。

自黒肌の方

元々光脱毛は肌の白い欧米の白人の脱毛として効果が認められて日本にわたってきたものです。ですから、肌が黒い部分については効果が薄れますし、肌自体に熱がたまり、痛みが増しますのでやらない方がいいかもしれません。少し色素が沈着している部位や日焼けが残っている部位に照射すると、光脱毛でも結構痛かったりします。もちろんレーザーも同様です。
色黒の人はニードル脱毛、日焼け肌の人は日焼けがさめてからにしましょう。

体質別ヒゲ脱毛関連ページ

目的別ヒゲ脱毛
どんなひげの状態にしたいのか、目的をはっきりさせることで髭脱毛の方法やサロンの選び方が変わります。まずはどんなひげの状態の顔にしたいのか考えてください。
ヒゲ脱毛にかかる期間はどれぐらい?
ヒゲは、体毛より生えて来る周期が短いので、間隔を短くして脱毛します、そのため1年で脱毛できるる回数は、体毛よりも多くなのます。ただし、体毛よりもしつこい毛なので完了するまでには2年ぐらいかかるとみていいでしょう。
ヒゲ脱毛にかかる料金を比較してみた
ヒゲ脱毛の方法や、ヒゲの濃さ別に、タツモウィメンズクリンックにかかるおおよその費用を出して比較してみました。
レーザー脱毛|脱毛機の種類と特徴
色々なレーザー脱毛機の種類と脱効果の違いに直黙してみました。産毛の脱毛に効果的な脱毛機、密集した濃い毛の脱毛に効果の高い脱毛機などマシーンによって実は異なるのです。
ヒゲ脱毛のリスク|肌トラブルが起きることがある
ひげ脱毛では肌トラブルも起きることがあります。火傷や肌荒れ、逆に毛が濃くなってしまう、増えてしまうこともあるというリスクがあります。
クーリングオフ
ひげ脱毛の契約をしたけれどやっぱり解約したいそんな時はどうすればいいのか?クーリングオフと途中解約についてまとめています。
低料金でヒゲ脱毛するならキャンペーンを狙え
料金が気になってひげ脱毛が始められない人は、キャンペーンを調べてみよう。体験的に安く脱毛できたり、50%OFF以上で脱毛できたりするキャンペーンがあります。
ヒゲ脱毛ってどんなことするのか聞いてみた
ヒゲ脱毛もそうだけれど、脱毛ってこと自体に男性はあまり知識がありませんね。いったいどんな事が行われるのか、疑問や不安があるかもしれません。ということで脱毛に詳しい女性に聞いてみました。